オススメ音楽

2018年04月14日

やはりZIGGYについて書かないわけにはいくまい。

フジテレビ系番組「アウト×デラックス」にZIGGYの森重さんが出演するというので、リアルタイムで見ながら録画した。
30周年を迎えたZIGGYは元気だ。
メンバーはボーカルの森重樹一さんしかいなくなってしまったけれど、「ロックなイメージで尖ったふりをするのに疲れてしまった」なんて言うようにはなってしまったけれど。
それでも相変わらず派手な見た目と細身な体形、そして唯一無二なあの歌声は健在。

誤解を恐れずに言うと、ZIGGYは運命に嫌われたバンドだったように思う。
80年代末、「GLORIA」で大ブレイクを果たしたのに、その後2年ほどで活動休止。
再開したと思ったらメンバー脱退して森重さんとベースの戸城さんの2人組で活動再開。
強力なドラマーのJOEさんが加わって3人組になったのに、人気が低迷。一気に解散の危機へ。
そこに一度脱退したギターの松尾さんが戻ってくるというドラマチックな展開にも関わらず、バンド内はギクシャクして戸城さんが脱退。おまけにZIGGYの名前をしばらく使えない事態に。
それでもベースに津谷さんを迎えてSNAKE HIP SHAKESとして活動再開。この時に高校生の俺は彼らの音楽にドはまりした。とにかくこの頃、日本で一番カッコいいロックンロールを鳴らしてたのは彼らだと思ってた。ファンクラブにも入って、人生で初めてライブを見に行った。
そして数年後にZIGGY再開。ここから再びスターダムだろと思いきや、SNAKE HIP SHAKESの頃の勢いを徐々に無くしていき、遂には津谷さんが脱退。その後に出た「NOW AND FOREVER」は随分渋くなってしまい、そのまま活動休止。ああもうダメだ…と誰もが思ったはず。
しかし、ここでもZIGGYは終わらない。2010年に復活した際は、ギターの松尾さんの代わりにベースの戸城さんが参加。なんとややこしい歴史だろう。松尾さんも戸城さんも一緒にやればいいのに…と何回思ったか。それは俺以外のファンもきっとそうだったはず。
結成30周年の2014年にもZIGGYは復活した。ネット上では「今回は全盛期のメンバーで復活だろう!!!」と噂されたのに、蓋を空ければオリジナルメンバーは森重さんと戸城さんのみ。しかも何故か戸城さんはサポート。こんな一筋縄でいかないバンド、他にいるんだろうか。
2017年はデビュー30周年だし、きっと復活するだろうとは思ってた。がしかし、復活はしたもののこの時はなんと戸城さんもおらず、森重さん1人のみになってしまった。
これは悲しかった。だって森重さん、ソロもやってるじゃないか…1人でZIGGYは名乗らないでよ。と思った人はとても多かったはず。これを運命に嫌われてると言わずして何と言おう。せっかくのデビュー30周年だというのに。
懐古主義な周囲をよそに、昔は全然出なかったテレビに少しずつ出始めるZIGGY。
ずーっとライブをやり続けてるだけあって、歌唱力はさすが。でもなー…とモヤモヤしたものが晴れないまま、30周年イヤーは後半へ。
その頃から「ZIGGYは自分の青春でした!」という40代司会者芸人の番組なんかに出るようになった。この頃からだろうか。家族の話、子供の話、そして昔の話なんかをするようになったのは。
少し前は気難しいおじさんみたいなキャラだった森重さんの目が活き活きとして、笑顔も増えた。
そんな姿を見たら「あーあ、完全終わったなZIGGY」って思う気がしていた。
しかし、その予想は覆された。
昔ドはまりしてた時と同じぐらい、いやもしかしたらそれ以上にめちゃめちゃカッコ良く見えた。
森重さんは、運命に嫌われたわけじゃなかった。
傍目にも本当に色んなことがあったけど、ロックンロールに振り回されて毒される人生を、自ら選び続けてきたんだ、と思った。ZIGGYなんて捻くれたバンド名をつけただけのことはある。
そして今になって、歌い続けられれば幸せという境地に行き着いたのだ。そこにはいい感じにロックンロールの血が流れてる。

アウト×デラックスで気さくにトークをしようが、スイーツについて熱く語ろうが、優しい父親としての姿を見せようが、ドラえもんの主題歌を歌うだけでロックな空気にしてしまう。
ZIGGYが青春だった40代司会者芸人達も、驚きはしてるだろうけど幻滅はしていないのではないか。
バラエティに出る機会は確実に増えているのに「ああ、この人はずっと歌い続けるんだろうな。ずっとロックでい続けるんだろうな」と先に思ってしまう、不思議さと嬉しさはこの先も消えないだろうなと強く思った夜だった。

最後に30周年イヤーで久々に発売した記念すべき曲をシェア。
この曲本当にかっこいい。


dai9101 at 00:18|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月09日

CLOW

3連休。
初日は友人のキャンプに参加しようと思っていたが難しく、ライブの練習でスタジオへ入ってみたものの、全然うまく歌えず、ギターとのリズムも噛み合わず、不完全燃焼。
そんな中、先日登録したeggsで、なんかいいアーティストいないかなと探してみたら、度肝を抜かれるようなCLOWというアーティストを発見。

スクロール、という言葉はTwitterのそれなのか、もっと広く一人一人の記憶が別のことで流れて忘れていってしまうことを指しているんだろうか。詞を読み進めていくと、どうも後者のような気がしてならない。

この曲はタイトルからして強い本音が窺える。

何歳ぐらいの方かは存じ上げないが、間違いなく自分よりも全然若いはず。
にも関わらず、俯瞰でこういう見方ができてしまうことにまず驚いた。
タイトルから発展した「近頃のそれなりに裕福な大学生はみんなみんな同じ服、同じ顔、同じ人生」なんてメッセージには、強く共感してしまう。が、これはおっさんが若い人の見分けがつかなくなってるのとはちょっと違うんだろうな。

とにかくもう、知りたくて知りたくて仕方なくなった。
ライブ情報を調べたところ、今日も主催ライブが高円寺であるという。
ライブなんて久々だけど、行ってみよう。他の曲も聴いてみたい。
というわけでライブ直前に予約。迷惑だっただろうな。すいません。

ライブはライブで、また別の感動があった。
メッセージは一貫していて、ドロドロした感情を歌っているけど、緩急の付け方が絶妙で、声を張った時の爆発力が凄い。
曲の中だけでなく、ほとんどMCをしないライブ全体において、緩急がしっかり付いていた。
ああ、この人はライブで見なきゃダメだな。と思った。
と同時に、この緩急はもう少し広い場所で見た方がより心を掴まれるのでは、と推測。

すると「明日も下北沢でライブです」とのことで、しかも高円寺よりも少し広いライブハウス。
予定も何もないし、これは見に行かないわけにはいかない。
やはり、広ければ広いだけ響き渡る歌声が素晴らしくて、見に行って良かったし、これからも応援したいなと心から思った。
キャンプに行けなかったのは悔やまれるけど、それを超越する出会いがあったので、感謝。
正しい選択だったと思えた。

あ、自分のeggsページはこちらです。ついでに。
田中 大のEggsページ

dai9101 at 14:46|PermalinkComments(0)clip!

2016年07月12日

THE YELLOW MONKEY SUPER LIVE

少し前だけど、見に行かせていただいた。

とにかく、凄く良かった。
今までTHE YELLOW MONKEYのライブを見たことがなかったし、比較対象がないのは確か。
でも、こんなライブは今までに見たことがないし、感じたことのない感情だったし、だが不思議と懐かしかった。

前にも書いたように、THE YELLOW MONKEYを知ったのは「パンチドランカー」「8」の時期。
全盛期を過ぎて、少し葛藤し始めた時期だったけど、それがまた別のバンドにない魅力でもあった。
ライブのDVDも当時のものだと賛否両論だったけど、俺は好きだった。
全盛期のような勢いを期待するファンが多い中で、自分のような人もきっと足を運んでいたことだろう。そして、当時の葛藤の答えのようなものがしっかりと感じられたのではないかなと思う。
「BRILLIANT WORLD」に、それが色濃く出ていた気がした。

ヒット曲満載のあのセットリストは、それぞれどういう意味を込めたんだろうか。

「悲しきASIAN BOY」「SUCK OF LIFE」辺りは、復活というより健在を示しているように感じた。

「プライマル」で始まったのはソロ期間を卒業、という意味があるのではないかとよく語られているけど、2001年から動かなくなってしまったTHE YELLOW MONKEYを卒業して、2016年にTHE YELLOW MONKEY SUPERになった提示と本人達は言いそう。
そしてTHE YELLOW MONKEY SUPERの幕開けが「楽園」だったと。

ようやく「バラ色の日々」を見つけることができたのか、それとも機は熟したからこれから見つけに行くのだろうか。
それは後者で、だから「JAM」でエンディングを迎えて、また明日を待っていてくれってことなのかな。
終わってから、色々考えてしまった。

もうひとつ、気付いたこと。
吉井さんが、まるでYOSHII LOVINSONの時のようにシェイプアップしていたのに、あの頃の悲壮感は無かった。
YOSHII LOVINSONはバンドと別物として見れば名曲揃いで、生々しくて、非常に距離を近く感じさせてくれた。
しかし、それよりも凄味を感じたのは、あんな精神的にボロボロの状態でもトレーニングして、徐々に復活してきたストイックさと、その過程だった。心惹かれたのは、まずそこだった。
YOSHII LOVINSONという活動がなかったら、THE YELLOW MONKEYを忘れている人はもっと沢山いただろうし、自分もそうだったかもしれない。吉井和哉という名称にしてからも色んなことがあって色んな作品があって、もはやリアルなドキュメンタリーだった(勿論、吉井さん以外のメンバーも、同じこと)
そういうところから見ていた人にとっては、ドキュメンタリーが新章に入ったと言えるし、懐かしい風景もあるんだけど確実に違う場所。

ここからどこへ向かうのか、興味津々。

dai9101 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月06日

kokua

SNSを見ていたら、スガシカオがボーカルのkokuaが出演するとの情報をキャッチ。
かなり前に書いたけど「progress」には本当に救われた。
スガさんの声のトーンだからなのか、応援ソングなのに必要以上の暑苦しさがない。でも、熱さはちゃんとある。
正直、やりたくないことからは逃げてきた人生で、それも受け入れなければいけないところには来ており、それを後押しする曲を1曲だけ選べるなら「progress」を選ぶかもしれない。それぐらいの大きな曲。

今日は本当に色んなことがあって、なんかマイナスばっか目に付いて良い日ではなかったけど、テレビから流れる「progress」の歌詞の“ミライ”という言葉の意味に救われた。もう何百回も聴いてるのに、ちゃんと理解できていなかった。
アルバム、ちゃんと買わなきゃ。
都合の良い解釈でしかないけど、感謝しかない。


dai9101 at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年01月30日

吉井和哉「クリア」

image


久々にCD買ったなー
卒業ソングで旅立ちソング。
凄くツボってわけではないけど、今の自分の心情には訴えかけるものが強くある。
俺自身の旅立ちは、いつになることやら。

dai9101 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!