内面

2019年08月09日

パワハラが教えてくれたこと

少し前の話だけど、相当のパワハラに遭って退職したことがあった。
先生のいじめ理論みたいな話だけど、パワハラはしてくる側だけでなく、される側にも原因がある場合は多い。パワハラしてくる側を頭ごなしに批判するのは、それこそパワハラだ。
上司と新人がいたとして、まだ仕事ができない新人を世話して管理するのが大変なのは一度経験したことがあるなら分かるだろう。自分に別の仕事もある中で、人を育てる。これを片手間でできるのは余程優秀な上司か、会社の育成の仕組みが完成されている場合に限る。
そんな上司や会社に巡り会える確率は低い。そもそもそんな上司がいれば、会社の仕組みがあるなら、人は簡単にやめないから、そうそう募集をかけない。
大抵は人を育てられない上司と、育成の仕組みなんて欠片もない会社が殆どだ。
だからこそ上司は人を育てることにもっと向き合わなければいけないし、どうすれば育つかを考えて仕組みにする必要がある。あるんだが、それだけでは駄目な話をしておきたい。
新人は会社が「育ててくれる」という意識があると、学ぶ姿勢にはなっても成長速度が遅くなる。若ければ集中力と記憶力でどうにでもなるかもしれないが、歳をとればどちらも落ちていき、落ちるのは仕方のないことだからこそそんな自分を許容して欲しいという発想になりがちだ。こうなってしまうと成長は著しく遅くなる。成長が遅いんだから、そりゃパワハラも起きやすくなる。
そんな感じでパワハラを受けて萎縮してそれまで出来ていた仕事すら出来なくなり、退職して少し休まないといけなくなったのが、当時の自分だった。
確かにパワハラはしんどかった。あの職場は人間としても同僚としてもしょうもない人ばかりだったと、今でも思う。だが、俺自身もっと仕事ができれば良かったんだし、こんな理由で辞めなくても良かったはずだ。
休んでる間は働きたくなかった。とにかく休むことに専念した。だが知り合いがそんな自分を「人間的に合いそう」とのことで勤務先の役員に会わせてくれて、見事に気に入ってもらえて社会復帰することになった。
しかし何も変わってない俺は仕事ができないままだ。おまけにブランクまで出来ている。働くことが怖かったし、最初の現場ではうまく立ち回れなかった。
パワハラは無かったが、やはり成長させる仕組みも無かった。新人向けのマニュアルもない。まあここまでは珍しくない職場なのだが、自習時間が長いという特徴があった。
自分はこれを新人向けのマニュアル作りに費やした。「そんなもの無くても大丈夫だよ」と言われたが、本当に物事が覚えられない俺が大丈夫じゃなかったから、新人=自分のために作った。
結果、相性もあり最初の現場の仕事は出来ないままだったが、空き時間の度に充実していったマニュアルは評価されていたと思う。自分より後に入ったメンバーにも感謝された。
自分を採用してくれた役員が、次の現場の面接で「彼はマニュアル作りを進んでやってくれるんですよ。こういう人物は貴重ですよ」とアピールしてくれて、そこで着任が決まり今に至る。
マニュアル作り得意なの?と聞かれるが、得意なはずがない。言ってしまえば自分用のメモなのだから。思い返してみれば、前は「マニュアルがないんだから仕事を覚えるのが遅いのも当たり前。上司とは勤続年数も違うんだから仕方ない」と考えていた。しかしその結果としてパワハラに繋がったわけで、やはり新人側も育ててくれるという意識だけではなく、自ら育つ努力は持たなければいけないと思った。
自分の場合、マニュアル作りは自分が覚えるためのメモでもあり、会社に感謝されてモチベーションに繋がる仕事でもあり、新人との関わりを作るツールでもあり、一石何鳥にもなり得る作業だった。
新人力のない自分が、パワハラを受けたところから始まって自ら学んだことだった。

だからもし、パワハラで苦しんでる人がこの記事を見たとしたら伝えたい。
パワハラは最悪だ。解決されないと判断したら辞めてしまった方がいい。
だが、どこもそんなもんだ。だったら自分で自分が働きやすくなるように変えていった方がいい。それはパワハラがある方がそういう発想にしやすい。
自信も無くしてるかもしれない。しかし得意なことなんか、いらない仕事も沢山ある。むしろ苦手なことを逆手に取って対策するやり方だってある。
パワハラはマジでいらない。
だが、こんな具合にパワハラが教えてくれることも、無いとは言い切れない。





dai9101 at 08:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月10日

電池切れ。

意気がって書いた前回の記事の決意表明はどこへやら。
完全に電池が切れてしまった。
頑張り過ぎなんて綺麗な言い方をされがちだけど、違う。ただ馬鹿なだけ。
無駄なところばかり真面目で、肝心なところが適当で、結果何もできない男でしかない。
それでも毎日は過ぎていくわけで、どうにかレールの上を走る術を見つけなければいけない。
ただ、今は少し休まないとそれもできないみたい。


dai9101 at 23:05|PermalinkComments(2)clip!

2019年01月03日

2019

新年、明けましておめでとうございます。
昨年は本当に色んなことがあり、色んな人や自分の内面と決別することが多い1年だった。
今年で35歳になる俺は、もはや若いとは到底言えないのに、若い頃のままの勢いで押し通そう押し通そうとして失敗し始めていた。今でも失敗続きだ。
そんな時、考えの甘い俺は「悪いのは自分だけじゃない」と、周りや環境のせいにばかりして、その場を凌ぐことしか考えられていなかった。だから成長もできなかった。
メンタルを病んで休職経験があるせいでそういう思考になったのかもしれないが、あるかも分からないトラウマに恐れることの方が、ずっと危険だ。
たとえ遅すぎるとしても、俺はスタートを切ることに決めた。
色々と劣化していく中で、どこまで出来るだろうか。そんなことは分かりゃしないけど、今はやるしかない。


dai9101 at 16:08|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月12日

時間の流れ。

ゆっくりしている時間も、仕事をしている時間も、驚くほど早く過ぎるようになってしまった。これも歳をとったということなんだろうか。
さっさと老人になって色々リタイアを決め込みたい自分としては嬉しいことのようにも思えるけど、そんなに現実は甘くない。
ゆっくりしたいのにゆっくりできてる気がしないし、終わらせたい仕事が全然終わらない。
時間の流れが早くなったように感じるのは、余計なことばかり考えるようになったからかもしれない。
半人前ながら30半ばという年齢になり、鈍ってきた勘だけでは生きていけなくなってきた。当然だ。
でも、考えて行動するということにも慣れていないから、何かをシンプルに必要最低限で考えるということが苦手で、無駄な時間ばかりを掛けてしまっている。
20代のうちにもっと勉強した方が良かったんだろうな。勉強というか、物事の本質を見極める実践をもっと積んでおくべきだった。
今は色々な方面から、ツケが回ってきてる時期と言える。


dai9101 at 18:01|PermalinkComments(0)clip!

2018年11月26日

経緯。

昔の曲をまた録り直そうと思った経緯は、自分でもよく分からない。覚えてない。
レコーディングのやり方を変える時、新しい曲より弾き慣れた曲で試したかったからだったような気がする。
あとは昔の曲の録音が悪すぎたり、ライブで若干アレンジとかメロディが変わってたりもするから、ここらでもう一回録音しとこう、ってなったような。
うまくなってたら、良かったんだけどね。まあ録音に慣れはしてるだろうけど。

ただ、自分がやりたい時に録音したりライブしたり、作りたい時に曲を書いたりできるようになったのは、この5年で1番嬉しかったことだ。
バンドではあり得ないスムーズさ、俺は昔からそれを犠牲にしたくなかったんだろう。バンドはバンドで楽しいし、バンドならではの魅力が溢れてる。だから20代はずっとバンドをやっていたし、当時を否定はできない。
でも、どんな道を辿っても、こうやって1人で弾き語りという形に落ち着く人間だったような気がする。
これからもマイペースに、自由気ままに歌っていこう。


dai9101 at 14:10|PermalinkComments(0)clip!