動画はこちら

ホームページはこちら

2019年12月29日

尾崎豊とSIONの共通点と対照的な生き方

「誰が尾崎豊を殺したか」という本を図書館で借りて読んだ。
誰が尾崎豊を殺したか
大楽 光太郎
ユニオンプレス
1993-04

いかにも胡散臭いタイトルで、マスコミが適当なことをさも事実かのように書いた本だろうと思っていたが、実際はむしろマスコミや周りの人々から尾崎豊を守るため、尾崎豊実兄の康と孤軍奮闘した大楽光太郎の記録だった。
全て鵜呑みにすることもできないが、これを出版するのはわざわざファンやマスコミに叩かれに行くようなもので、それだけの覚悟を固めて何が何でも暴きたい真実があったと推測できる。
かなりざっくりまとめれば、尾崎豊は結婚した繁美さんと生前うまくいっていなかった。また、とある2人の共通の友人と尾崎豊は亡くなる数年前に絶交している。
しかし繁美さんはずっと繋がりがあった。尾崎豊が亡くなった後、個人事務所は実兄の康が社長となり、その友人である大楽もまた役員となる。しかし、尾崎豊が絶交していた共通の友人は繁美さんをそそのかし、2人を会社から追い出したのだという。
それは莫大な財産とその可能性を搾り取ろうという算段だった、という内容だ。
もう一冊、10年後に裁判で繁美さんに勝訴した大楽が書いた「最後のひとかけら」も併せて読んだ。
最後のひとかけら―誰が尾崎豊を殺したか 最終章
大楽 光太郎
サウンドシャワーパブリッシャー
2003-05-01

どうもその共通の友人は尾崎豊が生きている頃から繁美さんと結託して死に追いやったのではないか…ということまで書いてある(あくまで推測の域を出ない)
大楽は、尾崎豊が亡くなる三ヶ月前に「もう信頼できる人が周りにいない。大楽さんなら昔から知ってるし信頼できるから、マネージャーになってくれ」と懇願され、マネージャーになっている。
そんな背景からも考えると、やはり亡くなった後も尾崎豊が信頼していなかった奴等に勝手なことはさせたくなかったことだろう。しかし、その後ろに繁美さんがいては滅多なことが出来なかったのも仕方のないことだ。繁美さんだけでなく、まだ小さい実子の裕哉君もいたのだから。
大楽の書き方だと、繁美さんがとてつもなく悪い女のように読み取れてしまうが、きっと彼女にも言い分はあるだろうし決めつけることはできない。何せ、生前の尾崎豊は不倫スキャンダルもあるし覚せい剤所持で捕まってもいるわけで、繁美さんにはかなりの負担をかけている事実もある。

尾崎豊のひと回り歳上のアーティストで、このブログでも度々紹介しているSIONというアーティストがいる。
尾崎豊が野音のステージから飛び降りた、アトミックロックフェスティバルで2人は共演もしている。
美青年の尾崎豊と、周りを寄せ付けない風貌のSION。この2人のデビューアルバムに収録された楽曲に、驚くほど似ている楽曲がある。

尾崎豊「十七歳の地図」

SION「風向きが変わっちまいそうだ」

一番似ているのは曲調だが、メッセージもどことなく似ている。「十七歳の地図」では世知辛い大人や世間の中で強く生きようという決意が、「風向きが変わっちまいそうだ」では音楽をやるために上京したのに住む部屋や働き口にも満足にあり付けない葛藤がそれぞれに歌われている。
もしかすると2人は、似たような音楽を似たような形で表現したかった同志なのかもしれない。いや、きっとそんな気がする。
尾崎豊が商業的な成功を求めなければ、求めたとしても早い段階で挫折していたとしたら、メッセージは限りなくSIONに近付いていたことだろう。

しかし、2人の歩みは対照的だ。
尾崎豊は求められるイメージにしっかりと応えて十代を中心とした支持を得ると瞬く間にスターとなり、SIONはデビュー当時仕事にも行かずマネージャーを困らせ自らチャンスを捨ててきた。
まるでアリとキリギリスみたいな対比だが、尾崎豊は当然消耗し、覚せい剤にも手を出し若くしてこの世を去ってしまう。
SIONはマイペースに自分の音楽を崩さずにアルバムを出し続け、何度かレコード会社との契約を切られたりもしているが還暦を前に未だ健在だ。
尾崎豊は謙虚で礼儀正しく、周りの期待に応えようという無理が重なって自分を追い込んだ性格だったらしい。
今ではすっかり丸くなってしまったSIONだが、デビュー当時の自分中心なSIONのエピソードを知っていたら、尾崎豊はさぞ羨ましがったことだろう。
彼のように生きられたら、伝説的な存在にはなれていなかったかもしれないが、あんなに早くに亡くなることも無かったかもしれない。今ごろ、ライブハウスで根強いファンと共に自分のやりたい音楽をやりたいように演奏していたのではないだろうか。

最後に、彼ら2人には恵まれた相棒がいたという共通点もある。
SIONは、デビュー当時からバンマス、プロデューサーとして支え続けてきたギタリスト松田文がいた。
尾崎豊には、子供の頃から自分の理解者で、最後の三ヶ月だけはマネージャーにもなってくれ、亡くなった後も尾崎豊の理解者でありマネージャーであり続けた大楽光太郎がいた。
形は全く違えど、素晴らしい音楽家である2人の最大の幸運はここに尽きるだろう。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔