動画はこちら

ホームページはこちら

2019年12月27日

「好きなことを仕事にする」が蔓延する違和感と恐怖

月収6桁の中学生ブロガー、「就職したくないから稼げるようになりたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00209441-hbolz-soci

なんともイラッとさせられる記事だ。
だがインタビューなんてバズらせるために平気で嘘も書くし誤解を生む表現に変えたりもするから、彼自身は否定しない。
問題は「好きなことを仕事にする」人がどんどん増えていることだ。文字面だけ見れば素晴らしいことに思えるが、果たして実際はどうなのか。
この記事で気になるのは「学校には行きたい時しか行ってないし、嫌い。教え方が古いし、勉強できないからって頭が悪いとは限らない。そもそも学校の勉強は将来のためにならない」という考えを話しているところだ。
中学3年でこれだけの収入があるだけでも凄いことだし、注目されて記事になるほどの影響力でこんなことを話してしまっては、かなり危険だ。
学校に対する考えは、確かにその通りかもしれない。というか、同じようなことは誰しも思う。かといって、誰でも彼みたいになれるとは限らないところを見落としてはならない。
「好きなことを仕事にする」のは確かにハードルが下がったかもしれない。SNSが普及し、情報は溢れているこの時代に「好きなことを見つけて仕事にする」というのはむしろ必要な能力として認識され始めているかのように思う。
しかしその一方で「好きなことを見つける」ハードルは上がっている。何でも出来てしまう、情報も十分なこの時代にひとつだけ選択するというのは迷ってしまう人も多いはず。
そういうところから繋がって、相談相手を作る意味でも学校に行くことは大事だ。上から目線で「合わせてる」なんて言い方をするのではなく、同年代は何を考え、何に興味を持っているか知るのもある種学びであり勉強だ。人を知ることを通して自分も知ることもできるのだから、生きていく上で大事な勉強だろう。
学校にいるのは気の合う友達ばかりじゃないからこそ、学べることも多い。

ついでに、学校の勉強は生きていく上で本当にためにならないのだろうか。
そんなことはない。
あれだけ苦痛な勉強をする経験、否が応でも周りと比較される経験は、忍耐力を鍛えることができる。
好きなことを仕事にできなかった人間には、生きていく上でとても大事な力だ。
好きなことを仕事にした人間だって、好きなこと「だけ」を仕事にできるはずがないので、やはり忍耐力は大事だ。
「苦手なことは人に任せるから大丈夫です」なんて言われるかもしれないが、人に任せるということにも忍耐力は必要になってくる。逃れられないのだ。

好きなことを仕事にできなかった人間は、好きなことを仕事にする人間の台頭で、徐々に居場所を無くしつつある。
しかし、だからといって生きる意味がないなんてことは絶対にない。
好きなことを仕事にする人ばかりでは、その人たちがやりたがらない仕事をする人間がいなくなり、社会が回らない。好きなことを仕事にするのは勝手だが、そうではない人も一定数必要なのだ。

なんとなく「好きなことを仕事にする」というフレーズが美化されたものと感じてしまうので、それがなぜなのか突き詰めて考えてみると「好きなこと=お金」で、「好きな仕事=楽して稼げる方法」でしかないのだろうと思う。
それの何が悪い、とは言わないが、人としての魅力は個人的には感じられない。
仕事は嫌だけど生きていくためにがんばっている人だとか、欲しいものが買いたくて面倒な人間関係に消耗しながら日々過ごしている人の方が、やはり魅力的に感じられてしまうし、生きていく上での忍耐力は確実に持っていると思う。

だから、好きなことなんか見つけられずに好きでもない仕事をしている方々、あなた達の方が上です。肩を落とさずに。
今年もお疲れ様でした。


dai9101 at 17:36│Comments(0)clip!記事を斬れ! 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔