動画はこちら

ホームページはこちら

2017年03月21日

欲望。

欲という欲がないと、自分では思う。
でもそれは、きっと違う。

自分とは正反対な、欲を剥き出しにした人がいる。
そして自分とよく似た、欲を持たないと言われる人もいる。
大抵は、どちらかに分類されるものと思う。

欲を剥き出しにするのは、当然保身のためだ。
しかし欲を見せないのも、無気力でいたい気持ちが勝つという意味では、形は違えど保身のためと言える。
欲を剥き出しにすれば、他人に認めてもらうためにやることが増える。当たり前のこと。全てとは言わないが、それが面倒で欲を見せないという人も、必ず存在する。というか、無意識なだけで全員そうなんじゃないかとさえ思う。
恐らく、そういう人が最も頑固なのではないか。自分の欲のために我慢しているように見せて、一番大きな欲を盾にしている。
そしてそういう人が最終的に最も損をする。守ろうとする欲が邪魔をして、欲を剥き出しにしてる人に利用されるだけされて評価さえされないのが関の山。

そういう意味で、自分は恵まれた。
チームを管理する立場を与えられたことで、欲を持たざるを得なくなった。それが当時は嫌だったけど、大人の世界を知るいい機会だった。
評価する側の立場に立ったことで、欲を剥き出しにすることの大事さを知った。
その欲は嘘でもいい。組織に貢献したい気持ちを何かしらの成果に具現化できれば、嘘だっていい。
そこまで本音で生きられる世界じゃないのだから。
一番重要な保身は、大声で嘘をつき続けることなのかもしれない。

dai9101 at 22:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!内面 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔