動画はこちら

ホームページはこちら

2016年01月19日

SMAP解散報道

自分の世代では、SMAPは好きとか嫌いじゃなく、そういうものを超えた普遍的な存在という方が多いのではなかろうか。
自分も例外じゃない。日本のアイドルグループの代表的存在でありながら、アイドルらしからぬ方面への進出も厭わず、何でもありで覆した概念をスタンダードにしたのだから、他のアイドルとも他のジャニーズとも格が違う。

そんなSMAPの解散が急に報道された。
一番の苛立ちは、不確定な情報を流すばかりのマスコミだ。何が本当か分からない状況で、なぜあんなに憶測ばかり流すんだろう。儲かるからだろうけど。
真相は、信じられないということも含めて永遠に分からないと思う。それでいいと思う。そして、マスコミの嘘かもしれない情報に振り回されて心ない発言をする人にも大きな罪がある。

昨晩、ようやく5人が揃って生放送で疲れきった顔を出した。
解散しない、という言葉が聞きたかった大多数の思惑とは違い、謝罪のみだった。
「解散しちゃいけない」と言っていた人の声は「あれなら解散した方がいい」に変わった。

確かに事務所にも色々問題はあるだろう。
だが、マスコミの一連の報道や、それに振り回される人たちの声が彼らにどれだけのダメージを与えたかも考えるべきと思う。
そして放送を見て、「あれなら解散した方がいい」と言われたことで、彼らは更に大きなダメージを受けたはずだ。
彼らはスーパーマンじゃないのだから、疲れきっていたのは、色んな人のせいだと思う。

彼らのスーパーマンな部分は、昨日の生放送から1人も逃げなかったところだろう。そして、今言えることを苦しみながらも話したこと。
あれは凄いことだ。普通だったら尻込みして逃げ出してもおかしくない。

解散しない、って言わなかったのは、解散するかどうかはまだ分からないってことだと思う。
木村拓哉が仕切ったのは、自分が一番の悪者と報道されたからという責任の部分もあると思う。

世の中には言えないことが沢山ある。
いくらスーパースターでも同じこと。
言えないことだろうが言って安心させるのが真のエンターテイナーかもしれないけど、それは個人的に期待しすぎだと思う。

dai9101 at 11:46│Comments(0)TrackBack(0)clip!記事を斬れ! 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔