2020年02月

2020年02月18日

鈍感が優しい人を苦しめる

少し前、槇原敬之が覚醒剤所持で再逮捕された。
最初の逮捕は随分前だが、人気が落ち着き始めた頃で大して興味も無かったので「あの人、捕まったんだ。そういえばヤバそうな目つきしてたかも」ぐらいの認識だった。
しかし彼の脅威は、復帰後にSMAPへ「世界に一つだけの花」を提供して爆発的な売上を記録したことだ。いくら天下のSMAPと言えど、前科のある者が提供した楽曲であんなに売れたのは、やはり曲の力であり作者の力も大きく貢献したと言わざるを得ない。どん底に近いマイナスから、その状況を作り出すことができたのは脅威としか言いようがないだろう。
だから正直、彼に前科があったなんて忘れていたし、今回ばかりは「感動を返せ」と思った。海外のロックミュージシャンなんて当たり前のようにクスリをキメてるし、日本でそういうミュージシャンがいても普段は「そんなもんだよな」と納得するのだが、彼の場合は音楽性も相まってか「感動を返せ」と先に思ってしまう。
しかし、今回書きたいのはそんなことではない。
SNSが当たり前に浸透した今、今回この件についても「自分の主張」の皮を被った「鈍感で自己中な意見」が蔓延している。
中でも「そもそも何で違法なものに手を出すのか分からない。」なんていう浅すぎる意見にはさすがに呆れた。本気でそう思ってるんだろうか。だとしたら、おめでた過ぎて羨ましい。
ここ数年、ミュージシャンや芸能人の覚醒剤絡みのニュースが多いが、その原因の根底に「人気商売」ということが付いて回るのは明らかだ。その人気にすがるタイプでも、やりたいことを優先するタイプでも、生活していくためには世間の人気は意識せざるを得ない。
それでいて沢山のスタッフが自分の仕事で生活しているのだから、社長ではなくとも同じようなプレッシャーと負担がずっとかかる。
そんな状態がずっと続いていたら、人間なんておかしくなるに決まっている。だからこそ、正しいガス抜きが必要なのだ。
やはり、一番いいのは家族を持つことではないだろうか。そっち側の負担も増えるが、はっきりとした居場所ができることは間違いなくプラスだ。
家族が難しければ、何でも話せる友人というのも精神を安定させる上で非常に力になってくれるはず。
しかしどちらも難しかったり、優しさ故に負担となれば、適量以上の酒や、手を出してはいけない覚醒剤にすがってしまう…というのは善悪どうこうでは無く少し考えれば分かるはずなのだ。

そういえば、先日「職場を体調不良で簡単に休む従業員が、何でそんなすぐ休めるか、本当に分からない」というツイートを見た。
このマネージャーは、今までに仕事を体調を理由に休んだことがないらしい。なるほど、それ自体は素晴らしいことだ。
だが、残念ながら世の中は当然そんな人ばかりではないし、むしろ管理する側なら自分のようなタイプは少数だと気付かなければ組織は成り立たない。
なんなら、その正しさに苦しめられている従業員が殆どのはずだ。
あの人みたいにちゃんとしなきゃ、と考えるうちにどんどん肩に力が入っていき、少しのミスも許されないプレッシャーが生まれていくことに、このマネージャーはおそらく気付いていない。ミスをするかしないかではなく、ミスを許されない環境というのは著しく従業員を疲弊させるのだ。
このマネージャーは良くも悪くも鈍感なところがあり、それが心優しい真面目な従業員を追い込んでいる。
これは、顔が見えるか見えないかの差はあれど、覚醒剤で捕まった有名人に対する「そもそも何で違法なものに手を出すのか分からない。」という意見に繋がるところもある…というか、根本は同じだし、そういう人が書き込んでいることは想像に難しくない。
様々な角度から世の中が恵まれていく中、自己中な鈍感と心優しい繊細は二極化していく。今みたいな時代に生きていきやすいのは鈍感の方だが、歩み寄った方がいいのも鈍感の方ではないかと強く思う。


dai9101 at 00:49|PermalinkComments(0)clip!日記 | 内面