はじめまして
田中大といいます。ギタリストです。
一人っていうか、独り?そっちのがしっくりくるかなあ。




動画はこちら

ホームページはこちら

2017年10月09日

CLOW

3連休。
初日は友人のキャンプに参加しようと思っていたが難しく、ライブの練習でスタジオへ入ってみたものの、全然うまく歌えず、ギターとのリズムも噛み合わず、不完全燃焼。
そんな中、先日登録したeggsで、なんかいいアーティストいないかなと探してみたら、度肝を抜かれるようなCLOWというアーティストを発見。

スクロール、という言葉はTwitterのそれなのか、もっと広く一人一人の記憶が別のことで流れて忘れていってしまうことを指しているんだろうか。詞を読み進めていくと、どうも後者のような気がしてならない。

この曲はタイトルからして強い本音が窺える。

何歳ぐらいの方かは存じ上げないが、間違いなく自分よりも全然若いはず。
にも関わらず、俯瞰でこういう見方ができてしまうことにまず驚いた。
タイトルから発展した「近頃のそれなりに裕福な大学生はみんなみんな同じ服、同じ顔、同じ人生」なんてメッセージには、強く共感してしまう。が、これはおっさんが若い人の見分けがつかなくなってるのとはちょっと違うんだろうな。

とにかくもう、知りたくて知りたくて仕方なくなった。
ライブ情報を調べたところ、今日も主催ライブが高円寺であるという。
ライブなんて久々だけど、行ってみよう。他の曲も聴いてみたい。
というわけでライブ直前に予約。迷惑だっただろうな。すいません。

ライブはライブで、また別の感動があった。
メッセージは一貫していて、ドロドロした感情を歌っているけど、緩急の付け方が絶妙で、声を張った時の爆発力が凄い。
曲の中だけでなく、ほとんどMCをしないライブ全体において、緩急がしっかり付いていた。
ああ、この人はライブで見なきゃダメだな。と思った。
と同時に、この緩急はもう少し広い場所で見た方がより心を掴まれるのでは、と推測。

すると「明日も下北沢でライブです」とのことで、しかも高円寺よりも少し広いライブハウス。
予定も何もないし、これは見に行かないわけにはいかない。
やはり、広ければ広いだけ響き渡る歌声が素晴らしくて、見に行って良かったし、これからも応援したいなと心から思った。
キャンプに行けなかったのは悔やまれるけど、それを超越する出会いがあったので、感謝。
正しい選択だったと思えた。

あ、自分のeggsページはこちらです。ついでに。
田中 大のEggsページ

dai9101 at 14:46|PermalinkComments(0)clip!オススメ音楽 | 日記